正看護師として病院で働くことについて

正看護師として病院で働くということは、医師の維持に従っての処置以外に、自己判断での処置もある程度行えるだけの知識があるということになります。他の職種の看護師たちと違い、指示を出せる立場であるという認識が必要であり、その上で大きな責任がつきまとうということも忘れてはいけません。そのため、大きなストレスを抱えがちになり、特に新人の頃はその立場に悩むことになります。とは言え、自分で選んだ仕事ですので、責任を全うしつつ、内外から受けるストレスを上手に発散させる方法も働きながらみにつけていく必要があります。

正看護師は離職を体験する方も多い職種ですが、そのほとんどがまた資格を活かして復職する仕事でもあります。看護師の求人について検索してわかりますが、転職先が多いことでも、それは明白です。それだけ仕事があり、魅力ある職場であれば働き続けたいと考える仕事なのではないでしょうか。

仕事を続ける上で、他の資格を取得するタイミングもあり、大学を卒業後も引き続き勉強する時間を取らなければならない方も必然的に出て来ます。正看護師は、医療系の職種では一番に求められ、他の資格を順次取得していくことも求められる立場でもあるようです。他の職員の手本となるための実績、という部分において、病院側からのプレッシャーを他の職種の方よりも強く感じるかもしれません。自分のバランスを崩さず働く、という強い意思と決断力も必要になるのではないでしょうか。キャリアが積み上がるにつれて、働きやすさが増すという職種なのではないでしょうか。

自分で抱えたプレッシャーに勝つということが、正看護師として長く勤めるための最大の条件なのかもしれません。それを目指し、学んだ時間を無駄にしないために、懸命に勤めることが出来るかどうかは本人次第ということになります。病院は当然のように優秀な人材を求めていますし、その責任をきちんと全う出来る人を優遇します。その中で、自分の立ち位置をしっかりと見極め、患者と向き合いながらキャリアを積み、人材育成に携われるようになっていくことが求められてもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です